アパートの鍵、一つだけで大丈夫?

一人暮らしをする為にアパートを借りるとき、もちろん部屋の鍵を渡されますよね。
その場合、渡された鍵だけを使用しますか?
実は、この鍵、とても重要なものなのです。
なぜかというと、この鍵をなくした場合、とんでもなく費用がかかるからなんです。
もしもアパートの合鍵をなくしたらどうなると思いますか?
まずはもちろん大家さんに報告をすると思いますが、この時に大家さんの対応として、鍵を拾った人が悪用しないように、鍵のシリンダーごと交換することになります。
この鍵のシリンダーの交換、とても大変なものなのです。
時間もかかりますし、何よりもお金がかかります。
費用はそのシリンダー部分の種類によっても違いますが、少なくとも1万円以上は見ておいてください。
特に学生の一人暮らしの場合、この費用はとても大きいですよね。
そうならない為の対策方法として、部屋を借りたらまず行ってほしいのが合鍵を作る事。
合鍵を作っておけば、いざというときに、多額の費用を支払わずに済むのです。
ただここで一つ注意してほしいのが、もしも合鍵を作った後に鍵をなくした場合、無くしたのがマスターキーの場合には合鍵の意味はなく、結局シリンダー交換になります。
その為、もしも合鍵を作ったら、普段合鍵を使うようにして、マスターキーはきちんと保管をしておくようにすると安心です。